全国八幡宮連合とは

-世は変われども、神は変わらず-

我が国の歴史上、皇室はもとより、公武諸家、仏教各宗派、国民衆庶、それぞれの立場や信条を超えて人々が賛仰するところ、その視線の先にいつも浮かび上がるのは、八幡大神様の尊い御影であります。
遠く新羅の役にはじまり、承平天慶の乱、文永弘安の役、嘉永より明治初年にいたる内憂外患、これら幾多の「国難」に際し、ひときわ明るく輝き、人々を導き奮い立たせたのは、他ならぬ八幡大神様の御神威でありました。
八幡信仰は全国へと広がり、〝はちまんさん〟は、全国に約8万の神社があるうちの半数にあたる約4万社あるとも一説にはいわれています。

全国八幡宮連合は、御祭神を同じくする八幡大神奉祀神社の神職有志が集い、大神様の御神徳発揚と神職相互の研鑽、親睦を図ることを目的として、昭和29年11月6日に結成されました。その後、総本部や各府県本部・支部組織などの体制も順次整えられ、今日では加入神社940社余りを数え、結成趣旨を踏まえた様々な事業を推進し、年ごとに多彩な活動をしています。
平成16年には創立50周年を迎え、記念式典や事業の開催、会歌制作などに取り組みました。 さらには、平成19年に鶴岡八幡宮、平成22年には宇佐神宮が加入し、いよいよ名実ともに「全国八幡宮連合」は全国組織として拡充しました。

結成から今日にいたるまで数多の努力と研鑽を積んでこられた先達の思いを受け継ぎ、八幡大神様の御神徳の宣揚、さらには斯界発展のため、全国の〝はちまんさん〟が一丸となって様々な活動に取り組んでいます。

総会の開催

全国八幡宮連合では、6月に2日間にわたって総会および視察研修旅行を開催しています。

1日目 11時 八幡大神奉祀神社遥拝並神威景仰祭
13時 総会・講演
17時 鎮護八幡神火祭
19時 直会
 
※スケジュールの都合により時間が変わる場合があります。
2日目 視察研修旅行
(過去の視察先)
平成19年 住吉大社参拝ほか
平成20年 賀茂御祖神社参拝ほか
平成21年 湊川神社参拝ほか
平成22年 応神天皇陵参拝・誉田八幡宮(応神天皇1700年式年)
平成23年 長濱八幡宮ほか
平成24年 賀茂別雷神社ほか
平成25年 隅田八幡神社ほか
平成26年 応神天皇陵・仲哀天皇陵・神功皇后陵参拝(創立60周年)

研修会の開催

毎年11月、2日間にわたり、各ブロック・県本部が持ち回りで研修会を開催しています。

平成19年 北陸ブロック 石川県本部 石川県/安江八幡宮ほか
平成20年 中国ブロック 山口県本部 山口県/亀山八幡宮ほか
平成21年 関東ブロック 神奈川県本部 神奈川県/鶴岡八幡宮ほか
平成22年 九州ブロック 大分県本部 大分県/宇佐神宮ほか
平成23年 東海ブロック 愛知県本部 愛知県/熱田神宮ほか
平成24年 北海道ブロック 北海道本部 北海道/函館八幡宮ほか
平成25年 中国ブロック 島根県本部 島根県/平濱八幡宮ほか
平成26年 九州ブロック 大分県本部 大分県/宇佐神宮・柞原八幡宮ほか

その他の活動

会報誌「八幡宮時報」の発行 / 総会講演録の発行 / 周年記念式典の開催 など

  

総会